REAL SPEC GOLF リアルスペックゴルフ【スーパーオートバックス東雲店2F】

~2017年江東区のスーパーオートバックス東京ベイ東雲店2Fデッキスペースにゴルフスタジオがオープン~~あなたへ本当に合うスペックのゴルフクラブ~そして精密に組まれた本物のクラブをお届けします~ ~フライトスコープ弾道測定・クラブフィッティング・シャフトフィッティング・クラブ診断・グリップ交換・シャフト交換・ロフトライ角などのクラブ調整~

シャフトの方向取りについて【ピュアリング・FLO】

カスタムメニューとしてご用意しております。詳細についてご希望の方はご来店頂ければご説明致します。

 

これはシャフト一周360度全ての方向をテストして、シャフトが捻れずに綺麗に撓る方向にした画像です。

画像を見れば分かる通り、レーザー光が綺麗に上下に動いているので一本の線となります。

CIMG1093.JPG 

下記はその方向が取れていないので、レーザー光が捩れて線ではなく円になってしまいます。

CIMG1092.JPG

更には垂直方向に動かしているのにシャフトが勝手に斜めに動いてしまってます。

※これは同じシャフトを垂直に動かした時の比較画像です。

 

これはまた違うシャフト画像となりますが、ひとつひとつカーボン・スチールなど素材も問わずに全てのゴルフシャフトが方向により全く違う動きになる事がご理解頂けるかと思います。

 

 CIMG1079.JPG CIMG1078.JPG

これを行わずに装着されたクラブはシャフトが暴れやすく、スイングでシャフトの負担が大きい切り返しなどで不安定な挙動になります。そんな暴れるクラブに体は無意識に反応してしまい、知らずにあなたの上達を妨げているかも知れません。

 

画像を見ればシャフトが暴れるのはフレックスではなくて!これが本当の原因だとあなたは思いませんか?

 

代表のクラブは全てシャフトの方向取りをして綺麗に動く!それをある方向に統一してアッセンブルしております!!

 

※これはとても重要な事だと思いますし、プロなどに実際このシャフト説明やレーザーでの動き、そしてこの作業を実際に目の前でお見せすると、知らない方は皆さん本当にビックリされて驚かれますし、特にプロはこれを知ってしまうと…

 

※海外では既にこれが常識となってますが、しかし残念ながら遅れている日本ではこの方法を知らない方がとても多く、ひと昔前の方法でアッセンブルを希望する方が殆んどだと思います。

 

※実際に現在US PGAツアーで大活躍中の世界ランク〇位の日本人プロ・その他世界ランク上位者の多くがこの方法でシャフトをアッセンブルしている事からもご理解頂けるかと思います。